GoodLuckMateは読者参加型です。 当サイトの収益の仕組みについて詳しく知る
見過ごせない日本のギャンブル依存症問題

ギャンブル依存症は、世界中で何百万人もの人々に影響を及ぼしている深刻な問題です。ギャンブルが禁止されている地域でも、人々はギャンブルをする方法を見つけ、依存症問題を解決する方法を見つけます。日本は、この不健康な行動と闘っている国の一つです。実際、最新の数字によると、ギャンブル依存症率は2.2%で、この危険から国民を守るには長い道のりが待ち受けています。

しかし、最も苦しんでいるのは誰なのでしょうか?日本におけるギャンブル依存症はどのような結果をもたらすのでしょうか。当サイトでは多くのデータを分析し、日本のギャンブル依存症の統計と傾向をまとめました。日本におけるギャンブル依存症に対する理解

日本におけるギャンブル依存症に対する理解

ギャンブルが日常生活に悪影響を及ぼすにもかかわらず、抑えきれない衝動に駆られること、それが強迫性ギャンブルまたはギャンブル依存症です。この障害は、国籍、年齢層、性別を問わず、すべての人に等しく影響を及ぼします。

国立病院機構・久里浜医療センターによると、日本では公営ギャンブルが最も一般的です。多くの人が競馬、競艇、競輪、オートレース、宝くじ、スロットゲーム、そしてもちろんパチンコに興じています。

その中には、楽しむためにギャンブルをする人もいれば、特に危険因子を持つ人はギャンブル依存症に陥りやすい人もいます。日本におけるギャンブル依存症率に関する数値は、出典や年によって異なります。例えば、2017年に同国の厚生労働省が発表したギャンブル率は3.6%でした。当時は、約320万人の日本人が依存症に苦しんでいたという計算になります。

同報告書では、日本で重度のギャンブル依存症は70万人で、人口の約0.8%であるという、同じく心配な数字も示されています。その報告書によると、日本のギャンブル依存症者の平均支出額は月58,000円でした。2017年の日本の平均月給は約304,300円です。つまり、重度の問題ギャンブラーは、平均賃金の2割近く(19.06%)をギャンブルに費やしていることが、この数字からわかります。

見過ごせない日本のギャンブル依存症問題

2020年に発表された新しい数字では、日本の成人の2.2%にギャンブル依存症の疑いがあるとされています。この割合は約196万人に相当します。つまり、2017年と2020年の結果を比較すると、日本のギャンブル依存症問題率は3.6%から2.2%、つまり1.4%低下したことが分かります。

見過ごせない日本のギャンブル依存症問題

日本の歴史的なギャンブル依存症率に関して、もう一つ興味深い数字が、同じく厚生労働科学研究によって提供されています。これは2013年のもので、日本人のギャンブル依存症率は4.8%と急上昇していた頃の数値です。これはまた、日本がまだ多くの課題を抱えているにもかかわらず、前向きな傾向を示しています。

症状

日本でのギャンブル依存症に関しては、その症状を理解することが不可欠です。調査によると、それらの症状は国際的に共通していることが明らかになりました。住んでいる場所に関わらず、多くの問題の見られるギャンブラーたちが同じ症状に苦しんでいたからです。

ここでは、日本における問題のあるギャンブルの代表的な症状を紹介します。

  • リアルマネーのギャンブルについて常に考えている。
  • ギャンブルの賭け金を増やして、大きく勝とうとする。
  • ギャンブルをしないようにしても、成功しない。
  • ギャンブルを避けると、イライラして落ち着かない。
  • ギャンブルで負けたものを取り戻そうとしたり、期待したりする。
  • ギャンブルのために借金する。

原因とリスクファクター

日本人プレイヤーがギャンブル依存症に陥る特定の原因はありません。しかし、いくつかのリスク要因は、ギャンブルなどの強迫行為に関連しています。

  • 精神的な問題、特に強迫性障害、うつ病、不安障害、双極性障害、その他の人格障害。
  • 問題のあるギャンブラーとして最も多い年齢層は、日本の若年層と中年層である。
  • 特に若年層に関しては、女性よりも男性の方が強迫的なギャンブラーである傾向がある。
  • 家族や友人からの悪い影響も、ギャンブル依存症のリスクを高める可能性がある。
  • ドーパミン作動薬などのある種の薬物は、ギャンブルを含む強迫行為を引き起こす可能性もある。

国のデータによると、特に日本では特定のリスク要因とギャンブル依存症の関連性が指摘されています。問題のあるギャンブラーの中で、60%がニコチン依存症、58%がアルコール・薬物問題、48%が気分障害、37%が不安障害を併発しているようです。

アルコールと薬物依存の日本人に焦点を移すと、別のパターンが明らかになります。すなわち、23%の人がギャンブル依存症であり、14%の人が本格的なギャンブル依存症であるという傾向です。

日本のギャンブル依存症調査

2020年、厚生労働省は国内のギャンブル依存症に焦点を当てた全調査を発表しました。日本の消費者の不健康なギャンブル習慣に関する興味深い洞察と傾向が明らかにされています。

日本人男性のギャンブル依存症率は45%、女性では22.9%でした。2020年の日本における1ヶ月のギャンブル平均支出額は1万円で、ギャンブル依存症者の平均支出額である5万8千円を大きく下回っています。国内の男性と女性では、1ヶ月の平均ギャンブル支出額に大きな不均衡があるのです。男性は約1万円〜5万円、女性は2,000円〜5,000円。この数字は、日本人男性の方がギャンブル依存症になりやすいということを改めて裏付けています。さらに、日本人男性の43.2%が20歳未満でギャンブルを始めており、問題の発生がいかに早いかを示しているのが気になるところです。

日本のギャンブル依存症 - 統計と傾向📈

ギャンブル依存症が疑われる人の割合は2.2%でした。やはり、男性は7%とその割合は高く、女性は0.7%にとどまっています。これは、ギャンブルに参加する男性と女性の割合と一致しています。日本人の男性はギャンブルをよくするので、ギャンブル依存症の割合が高くなるのです。

家族内にギャンブル依存症の人がいるかどうかについて、4分の1近くがいると回答しています(14.4%)。ここでは、男性(10.5%)よりも女性(18.1%)の方が回答が多くなっています。ほとんどの回答者(男性5.4%、女性6.7%)は、父親がギャンブル依存症であると回答しています。

日本におけるギャンブル依存症が及ぼすネガティブな影響

今回の調査では、ギャンブル依存症が本人やその家族に与える悪影響がいくつか浮き彫りになりました。ここでは、最も一般的なものを紹介します。

  • ギャンブルによる借金で経済的に困窮している - 30.4%
  • ギャンブル依存症に対する怒り – 30%
  • ギャンブルで借金を作る - 17.3%
  • 言葉による暴力・虐待-5.7%
  • お金を盗むこと - 4.5%
  • アルコール依存症 - 3.8%
  • 身体的暴力 - 2.6%
  • うつ病-2.4%
  • 児童虐待と過失 – 1%

この研究では、ギャンブル依存症と他のネガティブな状況との間に相関関係があることが判明しています。例えば、重度のうつ病や不安症を持つ日本人の25.8%がギャンブル依存症を抱えていました。自殺を考えた人の70.7%、自殺未遂をした人の14.8%がギャンブル依存症であったという結果も出ています。

予防と対策

政府は、日本の消費者のギャンブル依存症を予防・撲滅するために、いくつかの施策を導入しています。例えば、今後IRギャンブル施設に入場できる回数が制限されますが、それ以外にも制限があります。パチンコ店や競馬場への入場を制限する制度や、金融機関が問題を抱えるギャンブラーに融資するのを防ぐ制度もあります。

日本のギャンブラーの多くは、金融機関からの制限について知っていると回答しました(11.1%)。パチンコ店、競馬場への入場規制については、それぞれ7.5%、5.8%のギャンブラーにしか知られていません。興味深いのは、それぞれの認知度が、カジュアルギャンブラーよりもギャンブル依存症患者の方がはるかに高いことです。例えば、日本のギャンブル依存症患者のうち、パチンコ店の入場制限、賭け場の入場制限、金銭的制限について知っている人は25%、16%、19.6%に上りました。一方、カジュアルギャンブラーでの認知度は、それぞれ7.1%、5.6%、10.9%でした。

アンケート回答者であるギャンブル依存症になった人が、初めて問題に気づいてから自助グループに参加するまでには、平均63.1ヶ月かかっていることが明らかになりました。家族が問題に気づいた場合、公的な相談機関に入会した人は平均58.2ヶ月、支援団体に入会した人は55.5ヶ月と、助けを求めるまでの期間が短くなっています。いずれにせよ、最終的に支援を受ける人が支援を求めるまでに要する期間は、平均で約5年となっています。

パチンコ・パチスロの遊技習慣について

2022年のSeesResearchは、日本で不動の人気を誇るパチンコ業界の基礎データを提示しました。調査によると、約837万人が1年に1回以上プレイしていることがわかりました。パチンコ遊技人口の多くは30代(12.8%)であり、その他は20代以下(11.4%)、40代(10.8%)、50代(7.1%)、60代以上(5.2%)です。ゲーム人口では、「パチンコ」が758万人と依然としてトップであり、「パチスロ」が593万人と迫ってきています。しかし、両者とも人気が低下しており、特にパチンコはその低下が顕著に見られます。

見過ごせない日本のギャンブル依存症問題

パチンコ・パチスロのプレイ時間を見てみると、中級者は1時間から3時間のプレイが多いようです。ただし、1回あたり5時間以上プレイする人もいます。パチンコでは徐々に増加し、パチスロでは減少しているのが気になるところです。

また、SeesResearchのデータには、両ゲームのプレイ頻度に関する情報も含まれ、グラフからは週に2回以上プレイしている人が読み取れます。最も頻繁にプレイする人は、最も長くプレイする人であるといえます。つまり、一部のプレーヤー、特にギャンブル依存症のプレーヤーは、週に10時間以上ギャンブルに費やしていると結論付けることができます。

日本人の2022年の平均投資額は、パチンコが18,400円、パチスロが19,500円であることがわかっています。ご覧の通り、パチスロギャンブルの方が支出額が高くなっています。しかも、2018年はパチンコが15,000円強、パチスロが16,000円強と、両者の平均支出額はかなり低くなっているのが興味深い点です。

それ以来、このセグメントは増加傾向にあり、日本のプレーヤーがこの2つのゲームにこれまで以上にお金をかけるという懸念すべき変化を示しています。前述したように、ギャンブルへの支出が増えることは、強迫性ギャンブルの症状の一つです。

結論

日本は依然としてギャンブル依存症率が非常に高い国の一つです。例えば、イギリスの2020年のギャンブル依存率はわずか0.6%であり、これをゼロにするために国は今もたゆまぬ努力を続けています。日本のギャンブル依存率は2.2%であり、当局は前向きな勢いを維持し、2013年と2017年に見られた割合と比較して、さらなる改善を見るために、当局がもっと努力する必要があるのです。

見過ごせない日本のギャンブル依存症問題

いずれにせよ、パチンコ店や遊技者の数は減少していると考えてよいでしょう。そして、これは日本全国で最も人気のあるギャンブルであることもわかっています。さらに、ギャンブル依存症率は低下しており、政府が導入した規制の中には良い変化をもたらしているものもあります。

全体として、問題ギャンブルへの取り組みに焦点を当てた新しい規制と不断の努力で、状況は確実に改善されるでしょう。いつものように、私たちはここですべての変化と最新のレポートを追跡します。したがって、読者は、日本のギャンブル依存症に関する正確な洞察と統計を最初に得ることができるでしょう。

 

出典 MayoClinicKurihamanipponStatistaNCASA JapanKurihamaSeesResearch

シェアする
白川真理子
白川真理子更新された: 28 Oct 2022
白川真理子は2015年からオンラインカジノ業界に関するコンテンツを執筆しています。彼女は、細かいゲームガイドやカジノとスロットレビューを書く当サイトの熱血ライターです。彼女はオンライン...

ニュースをもっと読む

会員登録しよう!

最新のアイゲーミングニュースと最高のカジノボーナスオファーを提供するニュースレターの会員登録をしましょう!

info Country restrictions may apply