キュラソーeゲームによるカジノライセンス

ライセンスの申請プロセス

キュラソーでの許可証の申請は、他のほとんどの管轄区域とは若干異なります。キュラソーでは、ギャンブルの許可証の代わりに、いわゆるIPライセンスをeGaming用に申請する必要があります。IPとは、情報提供者の略です。このライセンスの範囲内で、オンラインゲームを提供することもできます。このライセンスは、さまざまな方法で申請することができます。最も注目すべきは、政府の公式サイトによく似たキュラソーeゲームのウェブサイトを通じてですが、どうやらまったく公式なものではなさそうです。実は、2020年3月以降、キュラソーのオンラインゲームとその他すべてのゲーム分野の国の規制機関は、キュラソーゲーミングコントロールボードとなっています。キュラソー eゲーミングはCGCBの正式なライセンス会社であるという情報もありますが、ウェブサイトにはそのような記載はありません。主な競合相手であるキュラソー eゲーミングも、これに対して話しています。

どちらのウェブサイトも公式IPライセンスを提供し、申請者がそのライセンスを取得するための厳しい要件を宣言しています。キュラソー eゲーミングはまた、承認シールを開発し、悪いリンゴがフィルタリングされている間、評判の良いカジノを識別するために使用できるブラックリストを提供しています。ライセンスの申請自体は明確な手順で行われ、2~4週間ほどで完了します。キュラソー eゲーミングのウェブサイトによると、オンラインカジノがすべての要件を満たしているかどうか、厳しい監視が行われているとのことです。ライセンス取得にかかる費用は様々ですが、申請料は通常、平均4万ドル程度です。

キュラソー島eゲームライセンス条項

公的な政府機関であるCGCBは、国内のギャンブル規制を確認できるウェブサイトを持っています。その本質は、これらのサードパーティ企業が規制当局からライセンスを取得し、カジノ事業者にB2Bライセンスを提供することです。キュラソー eゲーミングによると、彼らの主な業務は、コンサルテーション、オンラインギャンブルライセンス、およびモニタリングです。ライセンスと同時に、キュラソー eゲーミング はオンライン・カジノ向けにさまざまなビジネス・ソリューションも提供しています。これには、たとえば、B2B認定、ブランド更新、自己排除ツールなどがあります。

プレイヤーの保護 

少し前まで、キュラソー eゲーミングは、そのライセンス基準に関してそれほど多くの情報を提供していませんでした。それが、そのライセンスが本当に評判が良くない主な理由でした。しかし、最近、同社はユーザーに情報を提供し、保護することに専念しているようで、状況は変わりました。このライセンスを保有するオペレーターのいずれかと論争があった場合、プレーヤーはキュラソー eゲーミングのウェブサイトから直接苦情を申し立てることができるようになりました。また、このアイゲーミングの認可を取得するためにオペレーターが満たさなければならないさまざまなポリシーやルールも、ユーザーは簡単に見つけることができます。たとえば、一般的な基準とポリシー、モニタリング、テスト、情報交換の各規定は、キュラソーのeGamingのウェブサイトで見つけることができます。

責任あるゲームプレイのためのツールも用意されています。責任あるギャンブルと、この重要なトピックに関するオペレーターの責任に特化したセクション全体が用意されています。さらに、消費者が最低6カ月間、自己排除することができる仲介者の自己排除サービスも提供されています。そして、キュラソーのeゲームと規制当局としての業務に関しては、全体的に透明性と献身的な姿勢が向上しています。

会員登録しよう!

最新のアイゲーミングニュースと最高のカジノボーナスオファーを提供するニュースレターの会員登録をしましょう!