GoodLuckMateは読者参加型です。 当サイトの収益の仕組みについて詳しく知る

バカラガイド

シェアする

バカラをご存知ですか?バカラと言えばジェームズボンドの映画などで必ず登場するハイローラーのゲームです。通常のカジノでも最も人気のあるハイローラーゲームの一つのうちにバカラがありますが、このカードゲームは、どのバージョンをプレイするかによって、単純なものから複雑なものとして分かれています。しかしバカラはハイローラーだけのものではありません。より低い賭け金でバカラをプレイしたいのであれば、オンラインカジノでプレイすることをお勧めします。GoodLuckMateでは、バカラの様々なバージョンをご紹介します。さらに各バージョンのプレイ方法だけではなく、勝つ確率を最大限に引き出す方法をご紹介します。 

 

ベストなバカラ カジノ

入金ボーナスなし
新規プレーヤーのみ · マックスウィン: ¥5000 · 賭け: 11x (b) · 全ボーナス規約適用
スロッタムカジノ(Slotum)
スロッタムカジノ(Slotum)
star star star star star
info
既存のプレーヤーのみ · 最低入金額: ¥15 · 賭け: 1x (b) · 賭け: 40x (fs) · 全ボーナス規約適用
ギャンボラカジノ (Gambola)
ギャンボラカジノ (Gambola)
star star star star star
info
新規プレーヤーのみ · 最低入金額: $10 · 賭け: 30x (b+d), 30 日 · 全ボーナス規約適用
入金ボーナスなし
インターカジノでは今登録するだけで、お好きなゲームをお試しいただける$10ボーナスを進呈しています。 · 全ボーナス規約適用
既存のプレーヤーのみ · 最低入金額: ¥2400 · 賭け: 40x · 賭け: 40x (fs), 30 日 · 全ボーナス規約適用

閲覧中 

5

 の 9 結果

バカラのカードのルール

バカラは、ジョーカー以外のすべてのカードを使用するカードゲームです。通常、ディーラーのシューには6枚または8枚のカードが入っています。それぞれのカードにはポイントがあり、異なるカードは以下のように評価されます。

  • エース:1ポイントで評価されます。
  • カード2-9:カードの額面価値で評価されるので2‐9ポイントを獲得できます。
  • 10、J、Q、K:0ポイントで評価

バカラでは、手札の合計値は一桁にしかなりません。つまり、数字の組み合わせの中で一番右にある数字だけがカウントされます。8と9の組み合わせは17に相当し、7ポイントの価値のあるハンドが得られることになります。1が取り除かれ、7だけが手の値にカウントされます。これが10、J、Q、Kが0点である理由でもありますが、これらのカードの「本当の」価値は10なので、1を取り除くと、これらのカードの価値は0点になります。例えば、8とJを持っている場合、これは8点の価値のある手札を与えることになります。ここでは「あなた」が手にするハンドのことを指していますが、プントバンコと呼ばれる最も一般的なバカラでは、プレイヤーとバンカーしかハンドを持っていないため、実際にはハンドを持っていないことになります。もしあなたが他の2つの一般的なバージョンであるバカラ・ケミン・デ・フェルまたはバカラ・バンクのどちらかを選択した場合、自身のハンドをハンドにすることになります。 

プント・バンコ-プレイヤー&バンカー

プント・バンコ・バカラは、単純に運次第のゲームです。プント・バンコ・バカラはカードゲームではありますが、実際には自分でハンドをどのようにプレイするかを決めることはできません。テーブルにいるディーラーは、バンカーとプレイヤーの両方のハンドをプレイします。プレイする際には、プレイヤーかバンカーのどちらかにベットすることができます。初心者の方は、「プレイヤーハンドにしか賭けられない」と勘違いしてしまうことが多いので、これは知っておくべきことです。バカラのバンカーハンドはカジノを表しています。つまり、バンカーの手が勝つ確率は、プレイヤーの手よりも若干高くなります。だからと言って、バンカーに賭けることが常に最良の選択であるということではありません。プント・バンコ・バカラの標準的なルールでは、このハンドに賭ける場合は銀行に手数料を支払わなければなりませんが、カジノではプレイヤーのハンドに賭ける場合は手数料はかかりません。実際には、カジノはバンカーとプレイヤーの両方を銀行に預けていますので、どちらにベットするかは自由です。オンラインバカラをプレイする際に、プント・バンコと書かれたテーブルを見つけることはないでしょうが、単にバカラと書かれたテーブルを見つけた場合は、このゲームがプレイされることになります。

プント・バンコのルール

前述したように、プント・バンコではハンドがありません。テーブルのディーラーは2つのハンドを配ります。これらのハンドはカジノやプレイヤーを表すものではありません。カードが配られる前に、ベットするハンドを選ぶことができます。プレイヤーに賭ける場合は追加料金はかかりませんが、バンカーに賭ける場合は通常5%の手数料がかかります。プレイヤーとバンカーに2枚ずつカードが配られたら、カードを比較します。どちらかの手札に8点か9点のポイントがあれば、ゲームラウンドは終了です。ポイントが多い方が勝つか、同じポイント数の場合は引き分けとなります。どちらの手も8点か9点の場合、ゲームは少し複雑になります。プレイヤーのハンドがスタートし、その手の合計が6か7であれば、プレイヤーの手番となります。プレイヤーの手札が1、2、3、4、5の場合は、3枚目のカードが引かれます。その後、プレイヤーのラウンドは終了し、バンカーの番となります。3枚目のカードを引かなかった場合、バンカーの手札は6点か7点になります。バンカーの手札が1,2,3,4,5の場合、プレイヤーの手札によってバンカーの行動が決まります。そのためのルールを「タブロー」と呼びます。

バカラタブロー

プント・バンコ・バカラでバンカーがどのようにプレイするかを説明するタブロー(テーブル)にはルールが設定されています。これは基本的に、プレイヤーもバンカーもプレイ方法を決めることができないため、バカラが完全に、運次第のゲームであることを意味しています。バンカーの方がプレイヤーよりも勝つ確率が高いのは、バンカーには最後に行くという利点があるため、プレイヤーの結果に基づいて何をするかを決めることができるからです。これがバカラのテーブルです。

バンカーのポイント

プレーヤーの3番目のカード

バンカーのムーブメント

2

 

バンカーは毎度3枚目のカードをドローにする

3

1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 9 

バンカーは3枚目のカードをドローにする

4

2, 3, 4, 5, 6, 7

バンカーは3枚目のカードをドローにする

5

4, 5, 6, 7

バンカーは3枚目のカードをドローにする

6

6, 7

バンカーは3枚目のカードをドローにする

7

3枚目のカードはドロー

バンカーが常にスタンド

 

勝者 - プレイヤーかバンカー、または引き分け

プント・バンコ・バカラには3つの可能性があります。プレイヤーが勝つか、バンカーが勝つか、ラウンドの結果が引き分けになるかのいずれかです。プレイヤーにベットして、このハンドが勝った場合、1:1のお支払いとなります。これは、ベット額が戻ってくることに加えてベット額が賞金として支払われることを意味しており、2倍の金額が支払われます。あなたがバンカーに賭けて、この手が勝った場合、あなたも1:1のリターンを得ることになります。ただし、この賭け額に対して5%の手数料をカジノに支払わなければなりません。これはバンカーが勝つ確率がプレイヤーの確率よりも高いため、基本的には安全な賭けをするために5%の手数料を支払わなければならないからです。このハンドのエッジは、プレイヤーが終了した後にバンカーがプレイできるルールの結果です。第三の選択肢は引き分けで、これはプレイヤーとバンカーの両方が同じポイント数を持っている場合に起こります。通常他のほとんどのカードゲームでは、プッシュのようにプレイヤーのベットが返却されることはありません。バカラでの引き分けの標準ルールは、ベットは次のゲームのラウンドまでそのままの状態を維持するというものです。カジノやテーブルによっては、プレイヤーがゲームラウンドを終了してベットを返金することができる場合もありますが、これは標準的なルールではありません。しかし、実際には引き分けに賭けることもできます。この結果に賭けることを選択した場合、ペイアウトは8:1となります。

バカラの戦略とオッズ

バカラのオッズは、少なくともほとんどのベットでは、ハウスにはあまりエッジがないので、プレイヤーにとっては有利です。プレイヤーのハンドに賭けると、ハウスは1.24%のエッジを得られますが、バンカーに賭けると1.06%のエッジしか得られません。カジノの本当の利益はタイベットから得られるもので、これによりカジノは14.4%の利益を得ることができます。これは高いので、カジノによっては9:1でタイベットを出し、ハウスエッジを4.85%に下げているところもあります。4.85%というのはまだ高いですが、他の人気のあるカジノゲームのハウスエッジを考えれば、それほど悪くはありません。例えば、アメリカンルーレットのハウスエッジは5.26%なので、バカラの方がチャンスは高く、何に賭けるかは一般的には問題ではありません。プント・バンコ・バカラと他のほとんどのカードゲームとの違いは、ゲームのラウンドごとに勝つ確率を上げるための本当の戦略を使うことはほとんど不可能であるということです。長期的に有効な唯一の戦略は、プログレッシブ戦略です。これは、プレイヤーとバンカーのどちらかに賭ける場合は可能かもしれませんが、タイベットの場合は不可能です。この場合、勝利の可能性はほぼ50%なので、外部ベットでルーレットをプレイする時に使用するのと同じ戦略になります。ただし、マーチンゲール戦略を使っていても、資金が尽きて戦略に従えなくなったり、テーブル上のベットリミットを超えてしまう可能性があるため、負ける可能性があることを覚えておいてください。このように、バカラの戦略で確実に勝つ方法はありませんが、いくつかの戦略を使って勝率を上げることができます。

コミッションなしのバカラ

他の主要なカードゲームと同様に、新しいバージョンのゲームでは、ルールに少し手を加えたものが多いですが、バカラも同じです。プントバンコの代替バージョンとして、ライブカジノで非常に人気のあるオンラインバカラゲームであるノーコミッションバカラがあります。これはバンカーに賭ける際に手数料がかからないゲームです。しかし、新しいバージョンで何らかのアドバンテージを得るたびに、デメリットも出てきます。ノーコミッションバカラのルールは通常のプントバンコと全く同じですが、勝った時のペイアウトは小さくなるかもしれません。バンカーに賭けるために5%の手数料を支払う必要はありませんが、長期的に見ると、全体的な賞金は大きくはなりません。バンカーに賭けると、通常のゲームと同じように、ほとんどの勝ちに対して1:1の配当が支払われますが、バンカーの勝ち手が8ポイントの場合、配当は1:2になります。これは、バンカーにコミッションが支払われるプントバンコをプレイする場合と比較して、勝ちの50%しか得られないことを意味します。つまり、バンカーが8点の手で勝ったときに、ハウスはエッジを取り戻すことになります。

ミニバカラ

プント・バンコ・バカラのもう一つのバージョンはミニバカラです。実際には、これらのゲームの遊び方にはあまり違いはありません。ルールは同じですが、ミニバカラは小さいテーブルでプレイされることが多いです。テーブルでできるベット額も小さくなっています。ミニバカラの最小ベット額と最大ベット額は、ハイローラー以外向けに設定されていることが多いです。多くのカジノでは、「本物の」バカラテーブルの最低ベット額は数千ユーロからとなっています。ベット数の上限以外の唯一の違いは、ミニバカラでは、プレイヤーはカードを拾うことができないということです。実際、オンラインカジノでオンラインバカラをプレイする場合、テーブルは通常バカラまたはプントバンコと呼ばれますが、ミニバカラをプレイしていることになります。

シュマン・ド・フェール

シュマン・ド・フェールは、プレイヤーとバンカーの手を実際のプレイヤーがプレイするため、ハウスがないバカラゲームです。ゲームのラウンドごとに、1人のプレイヤーがバンカーとなり、他のプレイヤーはすべてプレイヤーとなります。プレイヤーは片手だけです。プレイヤーの中の一人が全プレイヤーの代表者であり、この人が実際に手を打っています。バンカーはテーブルを反時計回りに回り、代表プレイヤーは誰が一番大きなベットをしたかによって決定されます。ゲームラウンドはバンカーがベットをすることから始まります。その後、他のプレイヤーがベットすることができます。プレイヤーのベットの合計額はバンカーのベット額と同額でなければなりません。プレイヤーがバンカーよりも多くベットした場合、バンカーのポジションを持つプレイヤーがプレイヤーのベットに合わせることを選択しない限り、テーブル上のポジションに応じてベットが返却されます。プレイヤーの手のベットの合計がバンカーのベットと一致しない場合は、他のプレイヤーも参加してベットすることができます。これがベッティングビハインドと呼ばれるものです。ベットビハインドとは、プレイヤーとしてテーブルに参加していない人が、他のプレイヤーの結果に賭けることです。ベットが置かれ、バンカーとプレイヤーの両方が同額をベットすると、ゲームが始まります。 

バカラの遊び方 – シュマン・ド・フェール

カジノでは、ディーラーがバンカーに代わってカードを配り、バンカーとプレイヤーはそれぞれ2枚のカードを表向きで手に入れます。プレイヤーのプールされたベットの中で一番大きなベットを持っているプレイヤーが他のプレイヤーを代表して、自分の好きなようにカードをプレイすることができます。バンカーかプレイヤーのどちらかが8か9を持っている場合は、このカードがコールアウトされ、手札を比較します。ゲームラウンドが終了し、結果はバンカー、プレイヤーの勝ちか引き分けとなります。プレイヤーもバンカーも8点か9点に達しなかった場合、プレイヤーは自分のカードをプレイします。プント・バンコとは異なり、代表者が手札の出し方を決めることができるため、プレイヤーの立ち回りやカードの引き方などのルールはありません。しかし、実際には、バカラ・シュマン・ド・フェールのプレイ方法にはいくつかの共通のルールがあります。プレイヤーのポイントが1~4の場合、3枚目のカードを引き、6か7でスタンドするのが一般的です。ポイントが5の場合のルールはありません。プレイヤーの手札が出たら、バンカーの番です。バンカーが勝った場合、最初のベットは、全プレイヤーからのプールされたベットに加えて返金されます。プレイヤーが勝てば、ベットしたプレイヤー全員のベットが返却され、ベットに関連した賞金も返却されます。同点の場合は、すべてのベットはそのまま新しいラウンドへと移行します。同点の場合は、同じプレイヤーがバンカーとプレイヤーを代表して再度ベットを行います。同点でない場合は、現在のバンカーの右にいるプレイヤーが新しいバンカーとなります。 

バカラバンク

バカラバンクは、シュマン・ド・フェール・バカラと密接に関連しているバカラの別バージョンです。しかし、2つの違いがあります。第一に、バンカーは、ハウスルールに応じて、テーブルの最初のプレイヤーか、最も高いベット数を持ったプレイヤーになります。第二に、2つのプレイヤーハンドがあります。バンカーを除いたプレイヤーの総数は10人です。さらに、テーブルの10人のプレイヤーがバンカーのベットにマッチできない、またはマッチしない場合は、後ろにベットすることも可能です。バンカーが選ばれると、選ばれたプレイヤーは、3つのデッキのカードがすべてプレイされるまで、このポジションをキープする権利があります。しかし、選ばれたバンカーがバンカーのベット資金を調達するための資金を使い果たしたり、このポジションを放棄することも可能です。テーブルのディーラーは6枚のカードを配ります。バンカーに2枚、プレイヤーの手札に2枚ずつ配ります。プレイヤーのベットはシュマン・ド・フェール・バカラと同じルールに従います。1人のプレイヤーが全額をベットしたい場合は、ベットすることができます。これは、他のプレイヤーがこのラウンドにベットすることができないことを意味します。このベットは「ゴーイングバンク」と呼ばれます。カードは全て表向きに配られているので、2つの手を相手にしても、バンカーのハンドのプレイ方法に影響はありません。バカラバンクもシュマン・ド・フェール・バカラも、オンラインカジノのライブテーブルゲームとしては一般的ではありません。ここで見られるバカラゲームは、通常、プント・バンコの異なるバージョンです。

会員登録しよう!

最新のアイゲーミングニュースと最高のカジノボーナスオファーを提供するニュースレターの会員登録をしましょう!