ギャンブル依存症に困った時は

シェアする

ギャンブル依存症(通称ルドマニア)は、現在世界中で起きている深刻な問題です。依存症傾向や精神的な問題の有無にかかわらず、あらゆる層のプレーヤーに影響を受ける可能性があります。ある週は無害に見えても、次の数週間、数ヶ月、あるいは数年の間にトリガーとなる外的要因があれば、すぐに制御不能に陥ってしまいます。主な原因の1つとして、これらの中毒は予想外に忍び寄る可能性があるということです。しかし、このようなギャンブル依存症に苦しむ人々を治療するためのオンライン情報や支援センターは多く存在しており、この記事ではこれに焦点を当て解説します。以下に挙げる慈善財団、支援団体、関連組織の多くは、問題があるかもしれないと思ったときに取るべき次のステップについて助言することができます。さらに、身近な人がギャンブル依存症になり、それが娯楽の範疇を超えてはるかに深刻なものになり、人生のさまざまな分野に置いて悪い影響を与えるようになったり、自分が他人を疑ったり、直接疑われた場合にも同じ支援機構が支援してくれます。これらの訓練を受けた専門家、専門家、指導カウンセラーの助けを借りて、あなたやあなたの愛する家族や友人はあらゆるサポート全てを得ることができます。さらに、これらのサービスの大半は、ほとんど無料であり、それを必要とする人のための長期的な支援を提供することができます。それでは、まずギャンブル依存症者が示す兆候について説明します。次に、日本で得られるギャンブル支援機関リストをご紹介します。最後に、ギャンブル依存症から抜け出す方法について見て行きます。

ギャンブル依存症の兆候

通常、ギャンブル依存症は表面的には見抜くのは難しい場合が多く、自分自身が当事者の場合も否定することさえあり得ます。そこで、ギャンブル依存症者に共通する特徴を簡単にリストアップしてみました。これらのうちの1つである場合もあれば、多数が組み合わさっている場合もあります。ただし研究により、依存症を特定する際には、これらの要素のうち1つ以上あると、依存症の兆候となる場合があります。ギャンブル依存症のセルフヘルプテストも症状の診断に有効ですので、有効活用してみてください。

  • お金を借りる、持ち物を売る、または盗む
  • 友人や家族よりギャンブルを優先させる
  • 友人や家族、趣味に興味を示さない
  • ギャンブルについて周囲と口論になる
  • より多くのギャンブルをすることで、より良い話題性を得ようとする
  • お金を借りたからと言って、負け惜しみを言う
  • 長く遊びすぎたり、予算を大幅にオーバーしたりする
  • ギャンブルについて考えすぎたり、話しすぎたりする
  • 自分のギャンブル癖について他人に嘘をつく
  • ゲームを定期的にプレイしないことが難しい
  • 不安、抑うつ、罪悪感、イライラを感じる

ギャンブル依存症への対応

どこに住んでいても、自分や知り合いが問題を抱えたとき、助けてくれる人は必ずいます。ここでは、国内の優れた機関や支援団体をリストアップしています。下記のリンクをクリックすれば誰でもアクセスすることができます。

http://www.gaprsc.or.jp

https://www.caa.go.jp/policies/policy/consumer_policy/caution/caution_012/

https://www.mhlw.go.jp/content/12000000/000633402.pdf

https://www.mhlw.go.jp/content/12000000/000777690.pdf

https://oneness-g.com/gambling/

https://www.nhk.or.jp/heart-net/article/37/

https://www.ncasa-japan.jp/notice/gambling/for-people

https://www.ask.or.jp/article/6512

https://gracelord.jp/pages/37/

http://kokoro-osaka.jp/oatis/ga_addiction.html

https://www.pref.chiba.lg.jp/cmhc/kokoro/izonsyoutaisaku.html

https://www.pref.osaka.lg.jp/kokoronokenko/soudan2/izonsoudan.html

https://www.pref.hiroshima.lg.jp/site/pareamoa/gyanburuizonsyou.html

https://gdfam.org/

https://web.pref.hyogo.lg.jp/kf08/gambleizon.html

https://www.pref.nagasaki.jp/bunrui/hukushi-hoken/gosodanmadoguchi/addiction/gyanburu-addiction/

https://pmc.opho.jp/bumon/gambl.html

支援する側

悩みを抱えていると思われる人、あるいは悩みを公言している人に手を差し伸べる場合、まず第一に、上記に記載している支援機構サービスに相談されることをお勧めします。しかし、現実的にはいくつかのポイントを押さえることで、よりスムーズな対応が可能となり、自分自身で抱え込むこともなくなります。まず、自分自身が良い状態でなければ、他の人を助けることはできないということです。もちろん、これは人生のさまざまな分野に当てはまりますが、特に自分自身を見失ってしまっている人は、まず自分を優先するべきです。決して自分で何でもできると思ってはいけません。上記に挙げたリンクに加え、必要なときに精神的なサポートをしてくれる信頼できる友人や家族が数人必要です。また、通常よりも特に注意が必要な人の場合、最初の方はその人を見守る仕事を自分が信頼する他の誰かに分担してもらう必要があるかもしれません。最後に、その人に決してお金を渡してはいけないということを指摘しておかなければなりません。お金を渡しても問題を悪化させるだけです。また、もしその人が再発したり、あなたに腹を立てたりしても、そのことを相手に突きつけず、冷静沈着にサポートしてください。ギャンブル依存症は心の病気であり、本人が止めたくても止められないことが多いことを忘れないでください。思いやりは人を助けるといった意味で最良の方法です。

支援を求める - まとめ

この記事で、ギャンブル依存症患者が利用できる無料のウェブサイトを記載しているのでぜひご活用してください。ギャンブル依存症を克服して事態が好転することを切実に願います。

白川真理子
白川真理子更新された: 12 Nov 2022
白川真理子は2015年からオンラインカジノ業界に関するコンテンツを執筆しています。彼女は、細かいゲームガイドやカジノとスロットレビューを書く当サイトの熱血ライターです。彼女はオンライン...